こんにちは。

題名の通り、

今日コロナウイルスのテストを受けに行きました。

と言っても別にコロナが疑われるような症状があったわけでも感染者に接触したわけでもありません。

が、夏休みでリスクエリア(コロナ感染者が増えている地域)に旅行している子がカンパニーにいて、

その子に接触があったと言うことで

カンパニーダンサー全体がテストを受ける羽目になってしまいました。

まずはその子がテストを受け 

結果は陰性。

みんなで

やったーやっとクラス始められるねー

と話していたら

バレエマスターから電話。

残りの接触者たちもテストして陰性が出るまでシーズン始められません。

おかげでシーズン始まりが1週間遅れます。

 

今日私たちはテストをするために朝9時15分からずっとGesundheitsamtと言う

コロナウイルスに関することを取り扱っている保健所にずっと2時間ほど電話しましたが、

返事がなく、

近くの大きな病院にも電話を何度かかけましたが、

保健所の方に連絡しろとたらい回しにされ、

結局、

知り合いが病院で働いている人がカンパニーにいて

なんとか個人的に連絡をして予約ができました。

テストをする場所は、

病院の裏側で、室内ではなく

外に椅子を一つポツンと置いてそこで行われていました。

全身医療用防護服を着た方達が一生懸命働いていて、

医療現場で働く全ての方達へ本当に感謝してもしきれません。

車できている人が多く車に乗ったまま窓を開けて検査をしていました。

私たちが並んだ時間は大体20分ぐらいで、

テスト自体は1瞬で終わりました。

鼻にあの長い綿棒を突っ込まれるのかなーと思っていたら、

喉に突っ込まれました笑

私たちは法定健康保険に加入しているのでテストは無料でした。

またドイツでは全てのリスクエリアからの入国者に、テストを無料で実施しているそうです。

リスクエリアからドイツへ入国した際は、テストを受けることが義務付けられています。

ですがドイツもそろそろ第2波がきそうな気がします。

 

 

結果は明日か明後日、電話が来るそうです。

検査を受けた子によると電話が来なかったから自分からかけたらしいです。

もう今朝の2時間電話してもつながらない地獄は味わいたくないです笑

どっちにしろ

結果が出るまで

私たちも自宅待機。

スーパーへ行くのも、もちろん劇場に行くのも禁止。

 

みんなこの状況に慣れつつありちょっとぐらいなら平気かなと思ってしまうこともありそうですが、

気の緩みは厳禁です。こう言う時が一番危ない。

今回はシーズン始まりは遅くなったけど、

こう言った状況はみんなにとって初めてのことだからしょうがない。

ちゃんと検査して、問題がないのを確認することができてよかったです。

リスクエリアに旅行して誰にも言わずにテストもせずに、

自宅待機しない人、絶対たくさんいると思います。

なので今回私もテストをできてよかった。

考えてみると、日本の人たちはわりとちゃんとルールを守るし、

感染者数がこちらに比べて全然少ない理由がよくわかります。

 

コロナウイルス流行でいろいろな人の本当の人間性がわかりますね。