【海外在住】納豆を手作りしてみた!手作り納豆のレシピ紹介します

2020-10-04

こんにちは。

PVアクセスランキング にほんブログ村

今週末は時間がたくさんあったのでずっとやってみたかった納豆作りにチャレンジしました。

やはりドイツ住んでいると(特に田舎に住んでいるので)、なかなか日本の食べ物って手に入りづらく、その上高い!!

それでもどうしても食べたい場合は作ってしまおう!という感じで何でもかんでも手作りするようになりました笑

めんつゆ、餃子の皮、春巻きの皮、最近は食べるラー油まで作りました。

今回も納豆作りの様子をインスタグラムに載せたら海外在住のお友達から続々とどうやって作るの?とメッセージをいただいたので、今日は納豆の作り方を紹介します。

 

【海外在住】納豆を手作りしてみた!手作り納豆のレシピ紹介します

準備するもの

紹介しますと言っても作り方はとっても簡単。

*材料
  • 乾燥大豆250g
  • 市販の納豆1パック
  • 消毒された容器、金属スプーン
  • 湯たんぽ
  • 保温バッグ
  •  

    作り方

    では早速作って行きましょう。

    1、まず乾燥大豆をお水に浸し1晩置いておきます。大体一晩経つと大豆が二倍くらいの大きさに膨らみます。

    2、大豆の水を切りお鍋に入れて大豆が手で潰せるくらいの柔らかさになるまで煮ます。大体中から弱火で2時間ぐらいです。

    3、茹で上がった大豆のお水を切り、熱湯消毒された容器に入れます。

    4、3に市販の納豆1パックを加え、熱湯消毒された金属スプーンで混ぜます。

    5、蓋を少しだけ開けた状態の4の容器とお湯を入れた湯たんぽを保温バッグに入れます。

    6、1日待つだけ

    以上

    とっても簡単です。

    湯たんぽのお湯はたまに変えてあげて常に保温バッグの中が40度ぐらいに保たれるようにしてください。

     

    1日経過

    次の日にはちゃんと糸をひいた納豆になっています。

    この後冷蔵庫に入れて2−3日すると味がさらに馴染んで美味しくなるそうです。

    私たちは冷蔵庫に入れる前の出来立てホヤホヤを食べてみましたが、とっても美味しかった!市販のものより味が味が濃く大豆の味がしっかりします。

    本当に簡単にできるので海外在住で納豆が手に入りにくい方はもちろん、日本にお住まいの方にも、とってもおいしいのでぜひ試して欲しいです!

    にほんブログ村 にほんブログ村へ
    にほんブログ村